小梨の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 岡山ー夢二郷土美術館

<<   作成日時 : 2009/01/08 23:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

夢二郷土美術館は昭和59年3月に夢二生誕100年を記念して建てられた。
後楽園とは橋を挟んで対岸にある。
夢二が好んだ白壁となまこ壁、大正時代の雰囲気を漂わす赤レンガ造りの風見鶏のある建物が特徴。
画像

画像

画像


宵待ち草の歌のできたいきさつが面白かった。

明治43年(1910)、夢二は千葉県・銚子の海鹿島(あしかじま)海岸で一夏を過ごした。
そのとき、成田町から隣家に避暑にきていた長谷川カタと恋に落ち、口実を作ってはカタの家を訪れた。
当時夢二にはすでに妻がいたので、醜聞を恐れたカタの父親が夢二が自宅に帰っている間にカタを嫁にやってしまった。
それを知って、読んだ3行詩だそうだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
宵待草にはそんな逸話があったのですね。。
教えていただき有難うございましたm(_ _)m
おのこま
2009/01/09 15:55
私は待っているのは女の人かと思っていたので、意外でした。
小梨
2009/01/09 23:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
岡山ー夢二郷土美術館 小梨の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる