散歩道の花ー12月中旬-4

ブルーデージーコンギクもそろそろ終わり。
うちの裏庭のコンギクでした。 私大分ぼけてますね。
なおさん、ご指摘ありがとうございました。
画像


ペラペラヨメナ(ゲンペイコギク)。
正式和名はペラペラヨメナ。 ゲンペイコギクは花屋さんの命名だそう。
花期は5~11月と書いてあるが、この辺ではほとんど1年中見かける。
一度休んで、11月ごろからまた咲いているような気がする。
画像


まだ咲いている小菊。
画像


丁子咲きマーガレット。 マーガレット・ホワイトムーンという品種らしい。
nobaraさんに教えていただきました。 ありがとうございました。
画像


ルリマツリモドキは情けない有様になっていた。 葉は草紅葉していた。
画像


季節外れのヒメツルニチニチソウ。
画像


ツルハナナス。
画像


オオキバナカタバミ(オキザリス・ペスカプラエ)。
画像

この記事へのコメント

2014年12月27日 00:02
ペラペラヨメナが周年開花ですか。こうした花たちを見ると、湘南の暖かさを実感します。
2014年12月27日 06:13
小梨さん、おはようございます(^^♪

ペラペラヨメナ、私もその可憐な花が、
好きで、大好きな花の一つです(^^♪

淡いピンクの花と白い花と、
まさしく源平小菊と、
呼ばれる由来の素晴らしいショットだと、
私は、思いました(^◇^)

広島の私の団地では、
暖かいせいか、一年中咲いていまして、
無休菊(ムキュウギク)とかも、
呼ばれています(*^▽^*)

いつも、素敵な花たちの投稿、
楽しみにしています(*^▽^*)
2014年12月27日 07:30
 初めのはノコンギクから選別されたコンギクと呼ばれているものですが、鉢植えが売られていることもあり、いいものです。色が何とも言えませんね。
 やはり埼玉よりかなり温暖なようで、おさんぽしながらいろいろな花の咲き残りを見られるというのは良いですね。
2014年12月27日 08:00
散歩道に源平小菊が咲いているのですか、素晴らしいです。姫ツルニチニチソウが咲いてましたかこれは吃驚です。
2014年12月27日 11:46
わぁ~まだお庭で花が咲いているのですか・・
帯広は真っ白でツルツルです。
私の頭もですが・・そのことは横に置いて・・
でもいいですね・・冬に花を見れる場所は~

気持ち玉ありがとうございます。
うれしいです。
小梨
2014年12月27日 13:32
長さん、
お宅のあたりも暖かそうですが、冬場は咲きませんか?

アイリスさん、
アイリスさんのところでも周年開花しているのですね。帰化植物ですけど、野菊の趣があって、いいですよね。

なおさん、
うちの庭のコンギクでした。指摘してくださってありがとうございました。

寿々木さん、
姫ツルニチニチソウにはびっくりですよね。

GGさん、
帯広は今年は特に雪が多いのでは?
花のない散歩道はさびしいですね。散歩どころではないのかな?

2014年12月27日 13:50
コンギクも寒さに負けず咲いていますね。
④は丁子咲きのマーガレットでしょうか・・・
湘南は暖かそうでほっこりしますね~
それはそうと、先日のエリカかもと思ったのは
リリーズブルーローズマリーなのでは(又はその類?)
なんて思いました。お花が咲いたころを見たいです。
2014年12月27日 23:38
こんばんは!
いっぱい、花咲いていて楽しいですね♪
コンギクとノコンギク…私は小梨さんとまったく同じ花を、花屋でノコンギクとして買いました。なんだろう?
ヒメツルニチニチソウ、今でも咲くなんてびっくり!うちの斑入りツルニチニチは、去年の3月に買って、咲いた花の数はたったの1輪!来年の3月までは雪の下だから咲くはずもなく、つまり2年間に1輪です!!(ToT)/~~~
小梨
2014年12月28日 00:16
gumiさん、
コンギクはノコンギクの中で色の鮮やかなものを選別して、古くから栽培されていたそうです。 本来はノコンギクが先なんですが、広く栽培されているコンギクと区別するために、野生のものを「ノコンギク」と後から名付けたようです。ノコンギクは紫色から白まで色の幅があります。

班入りのはツルニチニチソウでしょうね。きれいな花ですが、こちらでははびこって、ちょっと困りものです。地中海沿岸地方原産の外来種だそうですから、寒いのは苦手かもしれません。
小梨
2014年12月28日 21:28
nobaraさん、
4は葉がマーガレットですね。 ありがとうございました。
リリーズブルーローズマリーというのがあるんですか。 どんな花が咲くのかしら。