散歩道の木-12月中旬

この辺ではモミジの紅葉は12月中旬がピーク。
画像

画像

画像


これはカシワかな?
枯れた葉が長く枝に残る木はいくつかあって、山ではヤマコウバシが有名だが、庭木だからカシワかしら?
枯れた葉が長く枝に残るのはあまり見た目が良くないと思うが、次の世代が育つまで、前の世代が頑張っているということで、縁起がいいんだそう。 ユズリハもそういう理由で好まれるそうだ。
画像


ヤブツバキみたいな花だけど、鋸歯がはっきりしている。
画像


こちらは白い。
画像

この記事へのコメント

2014年12月28日 11:44
いつも気持ち玉ありがとうございます。
帯広と比べるなどと言ってる差ではないですね。
遅くても10月末でモミジも葉っぱを落としてしまいます。
日本はそれだけ長いのですね・・
2014年12月29日 11:40
シナマンサクなども枯れてしまったかと思う程
枯れ葉が残って枯れ葉の中からお花を覗かせますよね~
つい、先ごろまで我が家の南庭でヤマモミジが黄葉してました。
ツバキもいろいろあって難しいですよね☆
小梨
2014年12月29日 22:08
GGさん、
そうですね。 私は夏場は信州蓼科にいるのですが、そこはほぼ帯広と同じ機構のようで、花が咲くのもこの辺より1~2か月遅いです。そして夏と秋はあっという間に過ぎて、長い冬になります。

nobaraさん、
シナマンサクかもしれませんね。