散歩道の花―1月上旬ー2

紅葉したトキワヤマボウシ。
画像


レッドロビンの紅葉。
この木、春の新葉も赤いが、冬には赤く紅葉する。
画像


早くもつぼみを付けたセイヨウシャクナゲ。
画像


ジンチョウゲのつぼみ。
画像


まだ残っているホソバヒイラギナンテンの実。
画像


カラスウリの実は中を食べられてしまったようだ。
画像



この記事へのコメント

2015年01月16日 08:23
落葉しないヤマボウシがあるのですね。
西洋石楠花のつぼみが厳冬にもかかわらず。開花直前とは吃驚です。
2015年01月16日 13:03
トキワヤマボウシやレッドロビンの葉が冬に赤くなるのは寒さ対策なんですかねー?
2015年01月16日 13:20
常盤ヤマボウシ、紅葉するんですねe-----
見えてるのは花芽?なんでしょうか?
ハナミズキと違って大きいですね~
我が家のベニカナメは新芽以外は紅葉しないみたい。
微妙に品種が違うのですね。しょっちゅう、剪定してるから?
カラスウリ、上手にほじほじするものですね。誰かしら?
2015年01月16日 19:23
いい具合に紅葉してきれいですね。
とてもいい色合いです。
カラスウリは残念な姿ですが、かえっておもしろいです。
小梨
2015年01月18日 23:56
寿々木さん、
中国原産のヤマボウシです。西洋シャクナゲのつぼみが膨らんでいるのにはびっくりしました。 その後どうなったかしら? 近々見に行ってみます。

長さん、
不思議ですよね。 

nobaraさん、
花芽だろうと思います。 ずいぶん早くから準備してるんですね。
ベニカナメモチは日当たりがいいところだけ、紅葉しているような気がします。
カラスウリ、この食べ方はヒヨドリじゃないかしら?

はるるさん、
トキワヤマボウシはとてもきれいな赤になります。