フラワーセンター―3月25日-1

ハクモクレン満開。
画像


園芸種のモクレン。
画像

画像


ミケーリア(深山含笑)。
画像


フユザクラ。
画像

ヤマザクラとマメザクラの雑種。葉が小形であるので小葉桜とも呼ばれる。
花は一重中輪の直径2.5センチほどで、咲きはじめは淡白紅色で、満開近くになると白色に変わる。


オオシマザクラ。
画像


早咲きのタマナワザクラやカワヅザクラはもう終わり、ソメイヨシノはまだだった。

ハナノキ(ハナカエデ)。 カエデ科。
桜の花びらが落ちたあとみたいだけど、これが花。
日本固有種。 絶滅危惧II類。
画像

こう見えて、花びらもあるそうだ。
1つの花には萼片と花弁が5枚ずつある。 萼片の長さは3ミリくらいで、花弁はそれよりもやや短い。 雄花には長い雄しべが5本ある。 雌花にも雄しべがあるが短く、先が2つに裂けた花柱(雌しべ)が飛び出る。
http://minhana.net/wiki/ハナノキ(ハナカエデ)

画像


ハナモモ。
画像


トサミズキ。
ずいぶん大きくなるんだなぁ。
画像

この記事へのコメント

2015年04月10日 07:11
ハナカエデ、咲き出しましたか。当地では街路樹でも見られます。近くの小公園の木はまだのようです。
2015年04月10日 12:37
市内にハナノキの並木があるのですが・・
あまり用事のない方向なのでなかなか見られません。
花の後のような雰囲気ですよね~
ミケーリア(深山含笑)の和名がゆかしい感じですね。
お花もまるでバラのようじゃありませんか。
小梨
2015年04月12日 00:19
寿々木さん、
御地では街路樹になっているんですか。

nobaraさん、
ハナノキ、都内でも並木になっているんですね。
深山含笑は中国名なんですって。 でも漢字で書いてあるとイメージがわきやすいですよね。