テーマ:植物

晩秋の蓼科ー植物の冬越し

ノハラアザミの枯れ姿。 葉はロゼットになって冬を越す。 これは何のロゼットだろう? クリンソウ。  美味しそうな菜っ葉だけど、鹿は食べようとしない。 ショウジョウバカマのロゼット。 もう花芽が付いている。 ツノハシバミは早くも花芽を付けて、春の準備完了。 朝10時になっても、こ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

晩秋の蓼科ー野草の姿

オカトラノオの草もみじ。 こちらはタカトウダイかな? ススキの黄葉。 サラシナショウマの実。 トリカブトの実。 咲いているときは全然違うが、実は同じような形。 オオハンゴンソウの実はワレモコウを大きくしたよう。 スギゴケ? 今頃胞子体をつけている。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

晩秋の蓼科ーオギとススキ

昨晩は冷え込んで山に雪が降った。 山荘付近は雪にならなかったが、1700mあたりでは降ったそうだ。 冠雪した八ヶ岳。 休耕田にオギとススキが生えていた。 こうやって一緒に生えていると違いがよく分かる。 オギは1列に並んで生える。 オギの方が背が高く、穂も大きくてふっくらしている。 ススキは株立ち。
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

夫婦池

shuuterさんのブログにいかにもアケビらしい写真がある。 どこで撮ったとは書いてないが、寿々木さんは河原で撮ったそうだ。 アケビの仲間の同定のポイントは葉だけでなく、花の直径でもできそうだ。 折角だから花の直径も書いてあると助かる。 水の近くに行けばアケビが見られるかと思い、夫婦池に行ってみた。 明るい乾いた草原の周り…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

箱根

ポーラ美術館で日本画の特集をやっているので見に行った。 杉山寧の絵が沢山。 素晴らしかった。 http://www.polamuseum.or.jp/ 今日はまた冬。  自宅でも寒かったので箱根はさぞかしと覚悟していったのだが、さほど寒くなかったが、雪になるかもという予報だったので、寄り道せずに帰って来た。 仙石原周辺…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

市民会館のサクラと野草たち

今朝は天気予報でいう湿雪。 積もりはせず、午後からは日も射してきたが、風は冷たい。 ここしばらくお天気が悪く、体調も連動してよくなくて家に閉じこもっていたらいろいろ足りないものが出てきたので、買い出しに出かけた。 ついでに河津桜の様子を見に市民会館に寄ってみた。 ずっと寒かったのに大分咲き進んで7分咲きになっていた。 たいし…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

散歩道の落葉樹と鳥

ミモザが大分色づいてきた。 残り少ないイイギリの実、センダンの実、エンジュの実。 カキはヘタだけ残っていた。 ツグミ。 むくむくしたヒヨドリ。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

春の足音

久しぶりに市民会館の公園に行ってみた。 紅梅は満開。 白梅はちらほら。 毎年のことなのだが、紅梅はいきなり満開になるような気がする。 ちらほら咲いているのを見た覚えがない。 1月中旬に暖かい日があったあと、あちこちで紅梅が満開になっているという感じ。 それに比べて白梅はだんだんに咲き進む。 「梅一輪 一輪ごとの 暖…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

県立辻堂海浜公園

友人のお宅に遊びに行ったら、近くにある県立辻堂海浜公園に案内してくれた。 http://www.kanagawa-park.or.jp/tujidou/kouen/kouen.html 風車みたいなオブジェ。 風が強かったが動かないから風車ではないようだ。 かなり目立つものなのだが、どこにも説明がない。 太陽発電のパネル…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

椿

生垣のツバキの葉が2枚チャドクガに食べられていた。 裏を見ると・・・ 他の木も調べてみたが、今のところこの2枚だけのようだ。 早速食害に遭った葉を取って、生ごみ乾燥機へ。 薬も散布した。 ツバキをチェックしていたら、こんなのが。 花が終わって、これから実になるだ。 出先で葉の先が三又になっているツバキを見かけた…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

オーシャンブルーの実

オーシャンブルー は宿根性のアサガオで、ノアサガオ突然変異亜種。 種は出来ないので、差し芽でふやすと書いてある。 オーシャンブルーを見かけると葉をわけて実を探したが、確かに実がなっていない。 でも、こんなところにどうやって植えつけたの?というようなところに生えていることがある。 ヒルガオと同じように、結実しにくいだけでたまには結…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

お正月の赤い実

お正月には赤い実がつきもの。 我が家にはマンリョウ、センリョウ、ナンテンがあるのだが、センリョウは今年は実付きがよくなく、わずかになった実もたちまち鳥に食べられてしまった。 ナンテンも12月28日の時点で残っているのは2粒だけ。 ナンテンの実は毒があるという話だが、鳥は真っ先に食べてしまう。 本当に毒があるのかしら? …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

ユズリハの実

ユズリハの実を見つけた。 春に近所でユズリハの雄花を撮ったが、雌花は見つけられなかった。 これで雌株が分かったので、来年は雌花を撮ってみよう。 2週間後に行ってみたら、実はほとんど残っていなかった。 鳥が食べてしまったのだろう。 よほど美味しいのかしら。 それに比べるとトウネズミモチの実はいつまでも残っている…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

散歩道で

桜ももうほとんど葉を落とした。 ハゼノキが珍しく朱色に紅葉していた。 それとも別の木? 紅葉の遅いイヌビワも黄色くなった。 ツタの赤ちゃんももきれいに紅葉。 ツタは大きくなると茂りすぎて可愛げないが、これくらいがきれい。 イソギクが咲いていた。 まだつぼみもある。 実になるのは1月かな? 種ができたらもらっ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

アラカシ

見慣れた棒樫仕立てのアラカシも雨上がりには美しい。 秋早めに剪定してしまうせいか、ドングリが成ったことがなかったのだが、今年初めてドングリが落ちているのを見つけた。 これ、蒔いてみようかしら。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

木の実

ソヨゴの実。 赤い実はいろいろあるが、とりわけソヨゴの実が好き。 長い柄が付いていて優美だなあ。 シャリンバイの実はまだ赤いもの、もう黒くなったものが混在。 ドウダンツツジの実が熟していた。 自宅周辺ではなかなかきれいに紅葉しないのだが、この木は北側の門の前のくぼんだ所に植えてあった。 …
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

紅葉

近所の紅葉も終盤を迎えた。 イロハモミジが色づき始めた。 まだ葉が残っているハゼノキ。 イチョウはすっかり葉を落としてしまったものもあるが、今が盛りの木も。 公園のサルスベリの紅葉。 庭木のサルスベリは選定してしまうのでこんなに紅葉しているのを見たことがないが、放っておくとこんなに紅葉する。 ケヤキの葉は残り…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

クリスマスツリー

明日から12月。 あちこちにクリスマスツリーが飾られ、近所でもクリスマスのイルミネーションが始まった。 木々も赤い実を付けてクリスマスのデコレーションのように華やか。 クロガネモチ。 ヒイラギモチ。 針葉樹に烏瓜が絡まってクリスマスツリーのよう。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

公園の紅葉

今日は晴れ。 ゴルフに出かける主人を送ったあと富士山を見に行こうかと思ったが、あいにく西の空だけ曇っている。 それで、予定を変更して公園の紅葉の進み具合を見に行った。 この公園はマンションに囲まれた三角の土地で、その名も三角公園。 マンションに囲まれているので、潮風が当たらず比較的きれいな紅葉が見られる。 前回…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

夕暮れのお気に入りの散歩道

日が傾くころ、久しぶりにお気に入りの散歩道に行ってみた。 まだ桜の葉が残っていた。 これは何の咲きがらだろう? タマスダレにたくさん実がなっていた。 うちのは実がならないけど… 日当たりの加減かしら? タマスダレの実は緑のうちはカマキリの頭みたいだけど、色が変わって割れてきたら、火星人みたい。 一つ持ち帰って割…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

ボチボチ散歩再開

大分調子が戻ったので散歩を再開した。 この辺では珍しく紅葉したもみじ。 ハゼノキの実生苗がいっちょ前に紅葉していた。 塀や垣根からこぼれている小菊もいかにも晩秋の趣。
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

みかん

昨日はお天気がよかったので車で近所を散歩。 あちこちのおうちで、柑橘類の実が成っていた。 青空に黄色が映えてきれい。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

晩秋の庭

お天気がよく、温かいので久しぶりに庭に出てみた。 タイワンホトトギスは最後の花。 なぜか葉も花も今までとは様子が違う。 種を飛ばした後のカラカラの実も面白い。 ヒガンバナの葉は大分伸びてきた。 ダンコウバイはもう来年の花芽が丸くなっている。 挿し木したチンチョウゲにも花芽が付いた。 ニホンスイセンのつぼ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

秋の公園 紅葉

買い物のついでに公園に寄ってきた。 スーパーの近くなのだが、なかなか寄れない。 買い物をして荷物を持つと余計なことはせず家に帰りたくなってしまう。 それに日が短くなってすぐ暗くなってしまうし。 それで作戦を変えて買い物の前に寄ってみた。 サクラの紅葉がきれい。 ヤマボウシ。  自宅のヤマボウシはいつも紅葉しない…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

かわったカエデ

カエデというと掌のような形をした葉を持つ木と思っていたが、そういう常識に当てはまらないカエデもある。 蓼科に多いのはカラコギカエデ。 葉が落ちた後も実を沢山つけている。 ウリハダカエデは幹に特徴がある。 初めて見たときは幹が傷だらけなのでどうかしたのかと思った。 幹がウリハダカエデに似ているが、葉が…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

青少年自然の森

青少年自然の森の駐車場は250m先という案内板があった。 青少年自然の森というからには、木に名札が付けてあるのではないかと期待して行ってみた。 木の名前を覚えようと図鑑を見たりするのだが、よく分からないことが多い。 実物を見た方が覚えやすい。 行ってみたら、入り口というより裏口という趣。 でも入り口近くのヤマボウシに名札が…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

落ち葉

風が吹くたびに木の葉がはらはらと散る。 落ち葉の降り積もった林道の散歩は気持ちがいい。 でも、赤や黄色の落ち葉だと踏まないようによけたりする。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

蓼科の秋 紅葉

26日から蓼科に来ている。 今年は夏に日照が少なかったから、余り期待していなかったが予想に反して見事。 今年は寒いので昨年、一昨年よりも紅葉が早かったようで、かなり葉が落ちてしまった木もある。 もう2、3日早く来ればもっとよかった。 見晴台から見た山々。 モミジ。 ドウダン。 サラサドウダン …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

住宅街の散歩

住宅街を散歩すると南国的な光景に出会う。 ゴクラクチョウカが露地で咲いていた。 大きなウチワサボテンに実が成っている。 こちらのサボテンは何と言うのだろう? ソテツの雌花。 ソテツは雌雄異株で雄花は松笠のような形をしているのだが、雄花は見つからなかった。 http://tateshina.at.webry.i…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツユクサの実

ツユクサに種ができていた。 苞も種もまだ緑色のもの、苞は茶色くなったが種はまだ緑色のもの、中が白いものといろいろ。 ツユクサは帽子のような苞の中のつぼみを1個づつ咲かせ、また苞の中で種を実らせているんだ。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more