テーマ:

公園の木ー7月中旬

サルスベリ。 最近のサルスベリは直立。 昔のサルスベリとはすっかり趣が変わった。 昔は少し寝かせて植えてたものだった。  http://corocat.cocolog-nifty.com/blog/images/2007/08/14/asd1.jpg アオギリ。 子の赤いのは何かしら? これが実になる? …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

街路樹

住宅街のメイン道路は、南北に走っている。 ここは南側が海なので、ちょうど潮風の通り道になっていて、木が育たない。 一番最初はクスノキが街路樹だった。 すぐにあちこち枯れて穴あき状態になってしまった。 クスノキは最も潮風'. 害を被りやすいそうだから、仕方がないか。 http://mitizane.ll.chiba-u.jp/m…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

散歩道の花-6月下旬ー木の花2

ムクゲが咲き始めた。 トキワヤマボウシ。 ヤマボウシよりは遅れて咲く。 白い一重のキョウチクトウ。 スモークツリー。 赤いフワフワは、じつは雌株の不稔花の花柄が長く伸びて羽毛のようになったもので、 本物の花はずっと前に終わっている。 モッコク。 拳を握ったようなつぼみも可愛い。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

蓼科(6月10日~16日)-麦草峠への道

山荘付近では終わっていたズミ(コナシ)が1800m付近では咲いていた。 つぼみが赤いものとそれほどではないものがある。 やはり赤い方がきれい。 ミヤマドウダン。 サラサドウダンより色が濃く、ベニサラサドウダンよりふっくらしている。 アズキナシ。 ナナカマド。 ミネザクラ。…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

蓼科(6月10日~16日)-山荘付近1

上高地の帰りに蓼科に寄った。 ズミ(コナシ)の花はすっかり終わっていた。 レンゲツツジも盛りを過ぎていた。 一方、いつもはすっかり花が終わっているヤマツツジはまだ花が残っていた。 シロヤマブキ。 オオデマリ。 ツリバナ。 チョウセンゴミシ。 この花、ほかの所では見たことがない。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新緑

新緑の美しい季節になった。 ケヤキの新緑。 カキの新葉はキラキラして、ひときわ目立つ。 キンメマサキの黄色い新葉。 クスノキの赤い新葉。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海岸付近の木の実

トベラの実。 はじけるとこんな。 シャリンバイの実。 ヒメユズリハの実。 ユズリハという名札が付いていたが、ヒメユズリハと思う。 ユズリハは山の木、ヒメユズリハは海岸近くに自生する。 以前はトウダイグサ科ユズリハ属に分類されていたが、今は独立してユズリハ科になったそうだ。 ソテツの実。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

晩秋の蓼科ー実

イチイ。 美味しそうな実で、食べている人がいた。 確か毒があるんじゃなかったかしらと言ったら、甘くておいしい。 よく食べているけどなんともないという返事。 調べてみたら果肉には毒がないが、種子に毒があるんだそうだ。 http://www.niah.affrc.go.jp/disease/poisoning/plants/yew.…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

晩秋の蓼科ー紅葉

それでも、ところどころきれいに紅葉しているものもあった。 ヤマモミジ。 カラマツ。 やっと見つけた黄葉。 いい年は山全体がこういう色になってとてもきれいなんだけど。 ダンコウバイ。 夜になるとときどき鹿の鳴き声が響き渡る。 牡鹿が雌を呼び声かと思っていたら、縄張り宣言なんですって。 http…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

変わったタラノキ

変わったタラノキを見つけた。 葉に黄色い覆輪、葉裏が白い。 花や葉の付き方はタラノキ。 こちらは出先で見つけたリョウブ。 リョウブは山のものかと思ったが、湘南地方にもあるんだ。
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

蓼科の初秋ー木

ノリウツギは実ができてきた。 リョウブは低いところでは夏の初めから咲いているが、今はかなり高いところでも満開。 タラノキ。 ヌルデ。 ヌルデは葉の軸にひれがある。 オオカメノキの実。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

長谷寺

山門の前にあるタブノキの古木。 ちょうどテレビの取材をしていた。 入ってすぐの池の菖蒲。 アジサイの季節なので観光客も大勢いたが、手水を使っているのは外国人だけだった。 池の周りのシモツケ。 すっかり平開して咲いている変わったヒルザキツキミソウ。 これはなんだっけ? 探していた在来種のキンシバイ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

八千穂高原自然園

八千穂高原自然園に行ってみた。 入口付近の様子。 シラカバは今花盛り。 これは雄花。 ハウチワカエデも花盛り。 イタヤカエデの花。 ヤハズハンノキ。 まだ実を付けている。 葉の様子からの命名。 オオヤマザクラ。 オオカメノキ(ムシカリ)。 これはネコヤナ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ヤマグワの花

ヤマグワの花が咲いた。 雌雄異株で、こちらは雄花。 こちらが雌花。 普通の葉っぱ型の葉、桜くらいの大きさの木。 何の木か分からないで、「この木なんの木」に質問して、ヤマグワとの回答を得たが、実がなるまでは信じられなかった。 私の知っていた桑の木は、桑畑の棒状の木、桑の葉は切れ込みがあるものと思っていたから。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

住宅街の散歩

八重桜が満開になった。 きれいに咲きそろったベニバナトキワマンサクの生垣。 ベニバナトキワマンサクには青葉と赤葉があるそうだが、この辺では赤葉が多い。 遅咲きの白玉椿? 花ごと落ちているものもあるが、サザンカのように花びらが散っている。
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

セイヨウカラシナ

イベントがあって東海大学に行って来た。 海岸通りから北上して川に沿って行くのだが、土手や河原はセイヨウカラシナが群生していてきれいだった。 東海大学ではケヤキ並木の新緑が美しかった。
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

春の木々

気温が上がったので遅れていたソメイヨシノも一気に満開になった。 シダレザクラ。 モモ。 カイドウ。  例年はカイドウが終わるころ桜が咲くのだが、今年は一緒に咲いた。 シモクレン。 ハナモモ、多分残雪枝垂れ。 赤みが薄いコブシ。
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

フェニックス

フェニックスも咲き始めた。 まだ鞘から花穂が出たばかりのものもある。 これは? もしかしてもう花が終わった?
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

散歩道の木

ベニバナマンサクが満開。 センダンは未だに実を付けたまま。 鳥に人気がないのかしら? レッドロビンの新芽。 もうちょっとで開きそう。
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

久しぶりの散歩

急に春めいて気温も上がったので、久しぶりに散歩した。 公園に行く途中のフェニックス(カナリーヤシ)に花穂が出ていた。 公園では紅梅が満開。 白梅はまだだった。 鳥が食べ残したコロガネモチの実がしなびている。 クスノキの小枝が赤らんでいる。 春は近い。 本当の目的はカワズザクラだった。 昨年、一昨年はもう咲き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散歩道で桜が満開。 一重だからフユザクラかな? フユザクラは白と書いてあるけど? こちらはまだ紅葉している桜。 もうすっかり葉を落としている桜もある。 今年は桜の紅葉が遅かった。 何故か画像の表示が重い。 いつもは200KB位に縮小しているのだが。 100KBまで落とすと画像がはっきりしなくなっ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

横浜

1月にオープンする神奈川芸術館の内覧会に行って来た。 大桟橋への銀杏並木の紅葉がきれいだった。 歩道に積もった銀杏の落ち葉も美しい。 劇場内部。 豪華ではないが、いろいろ便利な工夫がされていた。 入口にあるオブジェ。  オブジェの穴を覗くといろいろな表情の手が見える。 ついでに行った横浜美術館の紅葉。…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

夫婦池ー紅葉と木の花

ケヤキの紅葉。 何か分からない雑木の紅葉。 木々が紅葉する時期に花が咲く木もある。 シロタモの花。 ヤツデの花。
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

茅野駅周辺ー木

真っ赤なナナカマドの実。 黒紫色のタラの実。 ハナミズキは実とともにもう花芽が付いて春の準備。 今年はイチイに沢山実がなっていて、豆電球を飾ったクリスマスツリーのようだった。 拡大するとこんな。 ノルウェーカエデの黄葉。 ハナノキはいろいろな色に紅葉する。 これはカツラか…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

木の実(続)

今日は小鳥好みの木の実。 コムラサキ。 白い実のコムラサキ。 サンゴジュ。 コブシ。 ハクモクレン。
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more