テーマ:

道端の花ー5月下旬ー①

テイカカズラ。 これは自生のもの。 自生で咲いているの、初めて見た。 キョウチクトウ。 ユリノキ。 ハコネウツギ。 ハコネと付くが、じつは箱根には自生しないそう。 クリ。 クロマツの実。 確かに、新しい枝の根元にできている。 雄花も松ぼっくりみたいになっている。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

住宅地の木の花―5月中旬ー②

トベラ。 初めは純白、だんだんクリーム色になる。 雌雄異株。 これは雄花。 こちらは雌花。  ピンクのハクチョウゲ。 ピンクミスティックという品種名。 nobaraさんに教えていただきました。 ありがとうございました。 キリ。 クスノキ。 オオシマザクラの実。 クワの実。 …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

雑木林ー4月下旬ー②

タブノキの新葉。 まるで花のよう。 だんだん色があせる。 タブノキの花。 開けた明るい場所では花が咲くが、雑木林では咲いている木はなかった。 ミズキ。 ヤマツツジ。 ハンショウヅルのつぼみ。 ふもとでクリの木が赤い実のようなものを付けていた。 何だろうと思って調べたら、こんな記…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

広町緑地ー4月下旬

セリバヒエンソウ。 他の方々のブログではよく見るが、実物は初めて。 こういう明るい林が好みらしい。 フデリンドウ。 頂上広場で向うの方に黄色い絨毯が見えたので、なんだろう?と近づいてみたら、カタバミだった。 家の周辺では見られなくなったミドリハコベ。 ヤエムグラ。 ヤ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

金沢自然公園ー4月17日-②

入り口付近のノムラモミジ。 ミツバツツジ。 コクサギ。 カナクギノキ? サルトリイバラ。 アケビ。 ミツバアケビ。 モクレン園芸種。 今年初めて見たヒラドツツジ。 少し色づき始めたウグイスカグラの実。 ウラジロノキの新葉。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

フラワーセンター―4月9日-2 木

満開のハナズオウ。 丸っこいモクレン。 満開のリキュウバイ。 チョウジガマズミ。 プラタナスの花。 赤い実のようなのが雌花、白っぽいのが雄花。 モミジバフウ。 雌花は丸くて垂れ下がり、雄花はもこもこと房状になるそう。 これはどっちかしら? 雌花でこれから垂れ下がるのかな? …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

広町緑地ー3月下旬‐1

開発を免れた里山、広町緑地に行ってみた。 住宅地の向こうに見える富士山。 相模湾。 ちょうど桜が満開。 ミズキの芽吹きが美しい。 キリはまだ冬の姿。 ヤブニッケイ? タブノキ。 キブシ。 エノシマキブシ(ハチジョウキブシ)かしら? やたら…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

雑木林ー3月下旬

コブシが満開。 コブシの花の裏のピンクの筋が美しい。 ヤマザクラも。 モミジの葉も展開してきた。 すっかり開いているのも。 キブシの葉が開き、雌花が咲き始めた。 オオバヤシャブシ。 空中窒素の固定能力があるそうだ。 実と花が同時についているので、目を引く。 ヤシャブシの雌花は雄花…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

フラワーセンター―3月25日-3

赤花のキブシ。 キブシはやはり黄色い方がいいな。 ところで、キブシを漢字で書くと、木五倍子。 黄色いからキブシというわけではない。 五倍子(ゴバイシ、フシ)の木という意味だそう。 五倍子ってなんだろうと思ったら、ウルシ科のヌルデにできる虫こぶのことで、 タンニンを含み、鉄媒染すると黒の染料になるそう。 キブシの実…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

フラワーセンター―3月25日-2

シャクナゲがいろいろ咲き始めていた。 ツツジ”吉野”   エゾムラサキツツジ。 シャクナゲモドキ。 なんと、マンサク科。 葉姿がが見た目にシャクナゲに似ているのが名前の由来と書いてあるが、花も葉もちっと似てない。 つぼみは似ているかな。
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

フラワーセンター―3月25日-1

ハクモクレン満開。 園芸種のモクレン。 ミケーリア(深山含笑)。 フユザクラ。 ヤマザクラとマメザクラの雑種。葉が小形であるので小葉桜とも呼ばれる。 花は一重中輪の直径2.5センチほどで、咲きはじめは淡白紅色で、満開近くになると白色に変わる。 オオシマザクラ。 早咲きのタマナ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

住宅地の木の花ー3月下旬―1

ゲンカイツツジ。 コブシ。 花の裏にピンクの筋があって、美しい。 ピンクのシデコブシ、ベニコブシ。 ヤマザクラ。 オオシマザクラ。 ハナズオウ。 ハナモモ。 照手桃と呼ばれる箒状の樹形で、紅白咲き分け。
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

公園の木の花ー3月中旬

花桃。(3月21日撮影) イヌガヤ。(3月21日撮影) イロハモミジ。(3月17日撮影) もう開花間近。 モミジイチゴ。(3月17日撮影) ボケ。(3月17日撮影) ユキヤナギ。(3月17日撮影) ヤナギの仲間。 名前が判らない。(3月21日撮影) ニワトコ。(…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

住宅地の花ー3月中旬

満開のハクモクレン。(3月17日撮影) コブシ。(3月12日撮影) シデコブシ(3月20日撮影) ミモザ(3月20日撮影). 枝が赤くてしだれている。 ボンボンの真ん中も赤い。  紅白咲き分けのボケ。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

フラワーセンターー3月14日-1 桜

おかめ桜と春めき桜が植わっている1画は、すっかり春。 春めき。 春めき桜は、南足柄市内の農家などで彼岸の頃に咲いていた桜の枝から育成し、2000年3月に品種登録された、比較的新しい桜。 カンヒザクラとシナミザクラの交雑種。 おかめ。 イギリスの桜研究家イングラムがカンヒザクラとマメザクラを交配して作出。 花が下…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

雑木林の木ー3月中旬

近くに雑木林がある。 以前はけもの道のような道があるだけだったが、最近整備されたと聞いて行ってみた。 キブシ(五倍子)。 キブシは雌雄異株。  雄花と雌花があるのかと思ったら、両性花もあるのだそう。 http://www.geocities.jp/noko_pla/kibusi.html この花はどれかなと思って拡大…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

フラワーセンターー2月上旬―4

びっしり花芽を付けたハクモクレン。 咲いたらさぞ見事だろう。  こちらはコブシ。 別のところで撮ったシデコブシ。 モクレンの花芽はみな上を向いているが、コブシの花芽はあっちゃこっちゃ向いている。 もっとも、モクレンも最初は横を向いているのもあるが、だんだんに上向きになる。 シャクナゲの実殻。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

フラワーセンターー2月上旬―1

オオイヌノフグリとかユキワリソウとか、なにか野草がないかと思って大船のフラワーセンターに。 オオミスミソウは名札だけ。 雑草の類はほとんどゼロ。 手入れよ過ぎ。 マンサクが咲いていた。 ハマメリス・インターメディア ’エレナ’。 日本産のマンサク と中国原産のシナマンサク の交配種だそう。 枯葉は少し残っていたが、花の咲い…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

散歩道の花ー1月中旬ー1

まだバラが咲いていた。 実も。 紅梅咲き始め。 梅農家の方の話では、今年は開花が2週間遅れているそう。 本当は、「紅梅」というのは花の色を指しているのではなくて、枝や幹の断面の色のことだそう。 だから白花の紅梅もあるんですって! http://satoyama.at.webry.info/201501/a…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

散歩道の花―1月上旬ー3

モクレンの花芽。 コブシ。 ヒメシャラ。 実をいっぱいつけている。 白っぽいのが花芽だろう。 タカサゴユリの実殻。 珍しくまだ葉が残っている。 トベラの実殻。 サザンカの実殻。 黄色かったデュランタの実は茶色くなってきた。 ヘクソカズラの実。 出っ張ったところは萼…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

散歩道の花―1月上旬ー2

紅葉したトキワヤマボウシ。 レッドロビンの紅葉。 この木、春の新葉も赤いが、冬には赤く紅葉する。 早くもつぼみを付けたセイヨウシャクナゲ。 ジンチョウゲのつぼみ。 まだ残っているホソバヒイラギナンテンの実。 カラスウリの実は中を食べられてしまったようだ。
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

散歩道の木-12月中旬

この辺ではモミジの紅葉は12月中旬がピーク。 これはカシワかな? 枯れた葉が長く枝に残る木はいくつかあって、山ではヤマコウバシが有名だが、庭木だからカシワかしら? 枯れた葉が長く枝に残るのはあまり見た目が良くないと思うが、次の世代が育つまで、前の世代が頑張っているということで、縁起がいいんだそう。 ユズリハもそうい…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

散歩道の紅葉ー12月初旬

今年は11月に雨が多かったせいか、海に近いこの辺としては紅葉がきれいだった。 ハゼノキ。 モミジ。 アカメガシワ。 フジ。 ニシキギ。 サクラも12月まで葉が残っているものが多かった。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

住宅地の花ー11月中旬-6

ナンキンハゼの紅葉。 ナンキンハゼの実。 早くも実がはぜて白い種子が露出したものも。 アオギリの黄葉。 ケヤキの紅葉。 例年は枯葉色だったり、黄色かったりだが、今年は赤みが強い。 ヤマノイモの黄葉。 クワの黄葉。 イタビカズラ?の紅葉。 マルバヒイラギの花。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

夫婦池ー11月初旬-2

サザンカ。 チャノキ。 ヤツデ。 タラノキの実。 ムラサキシキブの実。 カラスウリの実。 クワの木だけが黄葉していた。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

散歩道の木ー11月初旬

紅葉の遅い湘南地方でも、少しずつ紅葉し始めた。 その一方、今頃満開になる桜も。 春以外に咲く桜はジュウガツザクラ、フユザクラ、コブクロザクラ、シキザクラなどがあるそうだが、どれかしら? 普通ジュウガツザクラなどは秋にはポツポツという感じで咲くのだが、このお宅のは華やかに咲く。 樹高も普通の桜くらい。 葉はどうなって…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

昨年の上高地の秋(2013年10月6~8日)-3 紅葉

上高地にはカエデの仲間があまりないので、紅葉は地味。 サクラの仲間だろうと思うけど、なんの木かしら? シリウザクラ? ユモトマユミ(カントウマユミ) マユミの高山型だそう。 マユミとの違いは葉の裏に毛があることとのこと。 蓼科でマユミと言っているのと同じように思える。 これもユモトマユミかしら? ナ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more